リフォームでお住まいの「したいこと」を実現して「不安」を解決します。

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

いきなりですけど
リビング、キッチン、浴室、玄関、窓、寒さ対策、段差解消、手すり取付、耐震補強、フェンス、カーポート、など
気になる事や不具合が無いというお家は少ないと思います。

リフォームを考えるとき、ご家族それぞれ、意見や要望がバラバラだったりしませんか?
私たちは、ご家族みんなの想いを整理し、気付いていない要望まで汲みとり、
新しい暮らしのイメージを明確にしていきます。
工事の品質から完成後のアフターフォローまでしっかりとサポートし、
リフォームに対する「不安なコト」を解消いたします。

リフォームをしてみたいけどというお客様はたくさんいらっしゃいます。
でも、一番はお金のことが心配ですよね。

「まとまったお金がないしなぁ」
「リフォームは現金払いが当たり前」
そう思っていませんか?

自動車を買うときにマイカーローンを組むように、リフォームをするときには「リフォームローン」をご利用できます。
また、「0円リフォーム」にも対応できるかもしれません。
もちろん、補助金や助成金などにもしっかり対応していきます。

まずは一度、お住まいの「したいこと」「不安なこと」をお聞かせください。
ご家族のみなさんが笑顔になれるようなリフォームをお届けします。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

リフォーム費3分の1補助検討 国交省、在宅勤務向け

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

住まいをリフォームするともらえるかもしれない方、向けに来年度の補助金のお話です。

日経新聞に書いてあった記事によれば、国土交通省は補助金を来年に予定しているようです。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64596870U0A001C2NN1000/

2021年度の補助金の目玉として、テレワーク用に自宅をリフォームした場合の費用を最大100万円まで補助するような内容を考えているようです。補助率は1/3になりますが、戸建て、マンション両方とも対象になる方針で進んでいるようです。テレワーク・在宅勤務向けに増築・防音対策、仕切り等の設置をする際に使えるようです。補助金を受けるためには、事前に補助金の対象になるかどうか審査が必要になると思われます。

詳細はこれから分かってくるかと思いますが、現在テレワークや在宅勤務をしていて、家がテレワークに合わないから改装を考えていたり、引っ越しを考えている方には良い補助金になりそうですから注目しましょう。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

with コロナ

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

先日、宮城県のとある町に移住してきた方とお話をする機会がありました。平日は会社勤めをして、土日に農業体験ができる宿として地域の中学生や就農希望者などにご利用して頂きWワークを実践されていらっしゃいました。自然に触れることで都会で忘れていた何かを思い出し、好きなことをして生活されていらっしゃる様子をみてこちらも幸せな気分になりました。

コロナを通して首都圏を中心にリモートワークが増え、自宅でも業務ができることが分かりました。ステイホーム期間を通して企業もオフィスが無くても仕事ができる、賃料負担を低減できることから今後ますますリモートワークが進んでいくのでしょうね。リモートワークが進んでいくと、絶対に首都圏に居を構える必要性がなくなりますので地方移住をお考えの方も増え始めたようです。人口減少に苦しんでいる地方では、首都圏の賃料で土地付き一戸建てを持つことだって叶います。特に中古一戸建ては価格も手ごろですし、リフォームを行ってもまだ安かったりします。地方には比較的広い家が多いので、居住スペースや作業スペースもしっかり確保できますので働きやすくなると思いますよ。地域によっては数百万円もの移住に関する支援金をもらえる自治体もありますから要チェックです。

リモートワーク用のお部屋つくりにでは気にしていただきたいポイントがいくつかあります
音、通信、見せるところと見せないところ、電気容量や照明、居住空間との切り分け方
などバランスよくリフォームをするには相応の経験がものをいう事になってきます。
快適な田舎暮らしと働きをご提案いたします。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

リモートワークが標準になると

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

今回の新型コロナウィルス感染症対策では生活スタイルだけではなく、働き方も変わりました。
多くの会社がリモートワーク導入し、多くの方が初めての働き方をご経験されたのではないかと思います。

普段会社の事務所でやっていることをご自宅でやろうという訳ですから、いろいろと不都合もでたのではないでしょうか?

私自身、お客様とのオンライン打合せで一番苦労したのが、家の中を見せたくないということでした。
webカメラは残酷なもので、すべてを映し出してしまいます。

次は作業スペースの確保です。パソコンデスクだけでは作業スペースが不足してしまい、リビングのテーブルで作業をするような状況になった方も多いのではなかったでしょうか。特にマンションの場合は作業スペースに割くことができる位置や面積が限定されてしまいますので、みなさんご苦労されたと思います。

ホームセンターや家具店に行けばそれなりの商品がありますが、所詮、汎用品です。お住まいに合った商品に出会える可能性は低くなります。また、あったとしても売り切れだったり、高額だったという声も耳に挟みました。
このような時は、小規模のリフォームをご提案いたします。
実は当社、一般住宅だけではなく飲食店や小規模ビルの工事も得意としていまして、間仕切りや作業用テーブルを作ったりします。これもちょっとしたコツが必要で、高さや視線対策だけではなく動線も考えて作らなければいけません。

これから第2波、第3波が来るとも言われていますし、今後リモートワークがますます拡大されるとも言われています。
住みやすさだけではなく、働きやすさを確保しつつプライバシーも気にしていかなければいけませんね。

大切なお住まいだからこそ、こだわってください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

次世代住宅ポイント制度 【新型コロナウイルス感染症対応】

新型コロナウイルス影響により、令和2年3月31日までに契約できなかった方が、
以下の対象期間に契約、着工(着手)を行った場合、ポイントを発行します。

新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当のポイントが発行されます。
(若者・子育て世帯がリフォームを行う場合にポイントの特例あり)

ポイントは、様々な商品に交換できます。
すまい給付金や住宅ローン減税と併用できます。

○工事請負契約
新築(注文住宅)令和2年4月7日~令和2年8月31日
新築(分譲住宅)平成30年12月21日~令和2年8月31日
リフォーム(※1)令和2年4月7日~令和2年8月31日
(※1)1,000万円未満のリフォーム工事について、工事完了の期限は令和2年8月31日です。

○建築着工(工事着手)
工事請負契約~令和2年8月31日

詳細が決まり次第ホームページに掲載されますので、要チェックですよ。

<問い合わせ先>
次世代住宅ポイント事務局
0570-001-339

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

ステイ アット ホーム

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

コロナ感染を防ぐため「ステイ アット ホーム」されていらっしゃる方も
多いことと思います。
コロナに感染してからでは遅いのでしっかり予防して下さい。

「ステイアットホーム」になってご自宅でゆっくり過ごしてみると普段は気にならない事に気づかれるお客様も多くいらっしゃいます。

たとえば、家族関係を良好にするためにプライベートルームを作ってみたい。
テレワークするために改装が必要となった。
非対面受取りをするための宅配ボックスの設置。
それ以外にも抗菌、タッチレス、壁紙など
があげられます。

このような時期なのでDIYで取組んでみるのもオススメです。

「ステイ アット ホーム」によって働き方、家族との過ごし方を見つめ直すきっかけになる方も多くいらっしゃいます。お住まいのご不便を解決するためにこれからもご提案を続けて参りたいと思います。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

コロナ感染症予防対策のご提案

コロナウィルス感染症に罹患されてしまいました皆様にはお見舞い申し上げます。

コロナウィルス感染症の影響がドンドン増え、ついに緊急事態宣言が出てしまいました。

私たちは医師ではないので治療行為はできません。
工務店だからこそできる感染症予防につながるようなリフォーム方法はないのかを検討しておりました。

インフルエンザやコロナウィルスの感染には「飛沫感染」と「接触感染」という2つが考えられるそうです。

飛沫感染についてはマスクが有効でしょう。

接触感染はくしゃみや関などを手で押さえたあとに触れた、ドアノブや手すり、スイッチなどよく触る部分からの感染が多くなってしまうそうです。
家の中に菌を出来る限り持ち込まないために、一般的には玄関にアルコール等の除菌を置いているご家庭は多いかと思いますが、先に手洗いをしないと効果が落ちるそうです。

そこで、玄関の横に手洗器の設置をご提案いたします。

ご自宅に帰宅したら、うがい、手洗いをしてからアルコール等で除菌する。少なくともドアノブや手すりにウィルスが付着する可能性が下げられるようになるのではないでしょうか。

この工事、比較的安価に実施することができます。
見た目をこだわりすぎるとちょっとだけ価格が上がりますけど、ご自身だけではなく、ご家族を守るためにもぜひご検討してみてください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

最近、火災保険を使い見舞金100~200万円を受け取りませんか
という勧誘を見かけることが増えてきました。

パッと見てリスクがないように思われますが、ハイリスクです。

まず、保険請求は加入者ご本人の名前で申請しますので、最悪の場合は保険金詐欺という重大な犯罪になることもありますのでご注意ください。
他にも無料調査のはずが工事の申し込みになっていてキャンセルするのに費用がかかるとか、保険が下りないことが判明後に後から調査費を請求されたなど全国でトラブルが多発しています。

保険を受けるためには「損害」を受けたことが必須なので、その損害を受けた原因もしっかり証明しないといけませんよね。

ここまでご理解して頂いた前提で、下記、ご参照ください。

==========================
現状、本来給付を受けるべき損害保険の請求を行なっていないオーナーがほとんどで、火災保険の字からも感じるように、火災でも起きない限り、保険申請をするのは悪だと感じているかたもいるほどです。
マンションや民家等の居住用建物(分譲マンションの1室は不可。アパート・マンションのオーナーに限る)に置ける損害調査を無料で行い、保険請求もれが無いように損害保険金請求のお手伝いをさせていただいてます。

・主に民家の屋根・雨樋が対象になります。
・給金の使途は自由です。
・保険料が上がることはありません。

保険がもし出た場合に初めてそこからお手数料をいただく成果報酬です。
降りた保険金額に対して35%(税別)いただきますが、こちらも保険会社に対してその分カサ増しして請求するため、お客様からいただくというよりは保険会社から取ることを念頭に進めています。

屋根、雨樋は基本的に高所にあり、建築ほうにより高所の作業は足場を必要とすることから、屋根の瓦一枚、雨樋の少しの歪みの修理でも、私たち保険請求のプロであれば、足場代等で見積書を作成が可能です。

また、素人が見てわからないような損傷を、実際に屋根に登って細かく調査することによって見つけ出し、保険会社から突かれると痛いところ写真や文章化して書類作成を行います。(調査をした結果、全く突ける箇所がなく、申請を断念する場合ももちろんあります)

現状、11月調査した結果、申請に進んだ先の保険金が出た成功件数は14/14で100%です。
申請に進めなかった先は、直近で屋根などを塗装してしまってる
屋根が陸屋根である(陸屋根は申請かなり厳しいです)
新築、築浅で本当にどこにも不備がない(築7年以上を対象にしてます)
などです。

保険がが出た先は、
50〜400万で保険が出ていて、平均約150〜200万だと考えてください。

調査費用がまずかからず、調査をしてもらえることにも価値があると思います。
見てもらった結果、不備がなければそれはそれでお客様枯らしたら喜ばしいことです。
不備が少しでも見つかれば、保険がでるチャンスがあります。やるだけやってみて出たらラッキーです。
出なかったら費用は一切請求されません。

=========================

冷静に考えると、危ないですよね。
でも、結構だまされるんです。

もう一度書きます。
保険金請求は契約者です。
なので、

工事や手数料を取れれば良いので、

その後に契約者がどのようになろうと彼らは関係ありません。
お金を得ることだけを目的にしてしまうと、必ず後で手痛いしっぺ返しがきます。

当社でも自然災害後に火災保険などが適用出来そうな工事の場合には、保険申請をする事があります。
無理やり火災保険でリフォームやリノベーションしましょうなどとは口が裂けても言えません。
なぜかというと、お客様を不幸にする可能性が高いからです。

もちろん適正な内容の場合、保険や補助金、助成金を活用するのは良いと思いますし、使わない理由は有りません。
きちんと使い分けしてくださいね。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

窓の結露

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

今年は暖冬のせいか例年と比べると結露が少ないですね。
冬の困りごとはやはり結露。
暖房機器を使用していると同じてもサッシ周辺に結露してしまいます。石油ストーブやファンヒーターなどの燃焼するタイプはどうしても水蒸気が発生してしまい結露につながってしまいます。
先日、仙台で久しぶりに雪が降って寒かった日に試してみた実験です。

思いつきなのですが、エアコンの場合はどうなるのか気になり実験してみました。エアコンの暖房をつけていると室内が乾燥しますよね。エアコンから吹き出した空気が直接窓に当たるようにしたらどのようになるのかやってみました。

結論から言うと、結露しました。

 

 

湿度を0%することよりも、過ごしやすい湿度にコントロールをしつつ結露を防ぐのが健康にもやさしいのです。

結露はカビを発生させ、住宅にも健康にも大きな影響を及ぼします。
当社では安価で効果が高い2重窓化と十分な換気を行う事をお勧めしています。平成15年以降の住宅は24時間換気が備わっていますので、きちんと稼働させてさえいれなかなり結露が低減できます。

結露やカビでお困りの方はお気軽にご相談ください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

手すりの位置

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私はギックリ腰で腰を痛めてしまい、家の中でオブジェと化していました。
腰を痛めて解ったのが、手すりの大切さです。
ここに有ったらもっと楽に移動ができるのにと感じたポイントがいくつかあります。
我が家では階段の片側にしか手すりをつけていませんでしたが、両側に必要だなと痛感しました。確かに片側だけでも手すりが付いていたら上り下りはできるのですが、使い勝手の面や転倒リスクを勘案すると両方あった方が良いかなと思いました。

もう一つは、脱衣所です。
ここは服を脱ぐ行為は、普段はあまり気づきませんが腰に負担がかかっています。特に腰を曲げられない、痛みがある時は有ると便利だなと思います。

トイレも手すりを設置していますが、取り付け位置は重要です。
例えば小用の場合、便座を開ける時や便座に座る(立つ)時に適切な位置にないと全く使い物になりません。

今回、腰を痛めただけですが、こんなにも生活が不便になってしまうことを痛感しました。

バリアフリー化と簡単な言葉で済ませていますが、各戸毎やお住まいのご家族の状況に応じて取り付け位置や数をきちんと検討していくことが必要ですね。年を重ねていくごとに状況は変化していきます。大がかりな改修だけがリフォームではありません。
ちょっとした不便を感じるものや、修正などもリフォームです。お家の中の気になることが有りましたらお気軽にお声掛けください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216