木造住宅の支援制度 (宮城県:平成30年度事業)

県産材利用エコ住宅普及促進事業(新築住宅支援)

宮城県産の木材を一定以上使用して住宅を建てる場合,費用の一部について助成を受けることができます。募集件数660件に対し、残り申請枠215件ということで狙い目かもしれません。

補助金や助成金の申請には手順や支給の条件があり、すぐに申請書類が出せるものと計画から出さなければいけないものなどさまざまありますので注意が必要です。

<お問い合わせ先>
仙台市青葉区本町三丁目8番1号
宮城県農林水産部林業振興課 みやぎ材流通推進班
まで

冬に暖かく、夏に涼しい家を望むなら!!

笑顔を作る竹澤工務店のタケちゃんです。

実は以前から感じていた違和感があります。昨年断熱基準の勉強に参加し確信に変わりました。それは断熱基準を決めた機関は仙台圏の気候を理解してないということ。建築基準法や公庫の仕様では国内どこも同じ性能や造りを要求し、どちらかというと暑い地域の仕様に合せており東北では無駄と思える仕様が多いような気がします。

寒冷地や雪の多い地域で “ 生命 に関わるのは暑さよりも寒さ対策です。

だからといって決して近年増加している熱中症対策を軽んじている訳ではありません。圧倒的にお亡くなりになられている方が多い「ヒートショック対策」こそ本当に必要な対策だと思う訳です。

ヒートショック対策が軽んじられている原因を検証してみると、断熱材を扱うメーカーや商社の営業担当者が断熱化全般を理解できている人があまり多くないことが挙げられます。営業担当者がハウスメーカーや工務店などに商品の性能数値を正しく言えないということは、本当に必要な方にその商品が届くはずも有りません。そして複雑な断熱計算を明確に説明できる人が居ないということは中途半端な断熱化しか施工できていない事を意味します。

私たち住宅を作る側においても、その道の専門と思われる人でさえ建物の構造を含めた組み合わせを理解し効果的な断熱について分かる人は少ないのが現状です。例えばホームページの計算例でさえ、ヒートブリッジ(下地等で断熱ロスになっている部分)の割合計算でも柱材の計算は行われていますが胴差など横材は計算外にされ、実際は不利な数値になっている事が多いと思います。

日本の住宅は建物内部(床下・小屋裏)に外気を入れるため断熱効率が悪くなっています。断熱と通気は相反するものなので仕方がありません。ところが建物の内気で通気を行うと断熱効率は向上します。当社はこの方法で高断熱化を実現しています。この方法は一般構造のどんな断熱材を入れた仕様より必ず断熱数値が良くなり、断熱材に頼ることなく仕組みで高断熱化を図ることが可能です。もちろんローコストやライフサイクルコスト低減に向けた工夫もしています。これは住宅建築を熟知しているからこそ生まれる発想です。

「冬に暖かい家」が出来るということは、

「夏に涼しい家」となり、

一年中快適な住まい

になるということを意味します。

これには反論がある方もいると思いますが、ここから先は当社で新築やリーフォームされるお客様との秘密です。
快適なお住まいをオーダーメイドで実現してみませんか?

お問い合わせ先は ↓↓

〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

年頭のごあいさつ

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中は色々とお世話になりまことにありがとうございました。今年もお客様が笑顔になって頂けるよう、従業員一同元気に頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年は消費税増税の予定が控えており、住宅の新築工事やリフォーム工事には国の住宅ポイント導入が予定されています。住宅ポイントを得るためのキーワードは「高断熱化」と「高耐震化」です。弊社の新築物件は常に高耐震化を実現していますし、リフォームのお客様から寒さ対策や暖かいお住まいのご相談をたくさん頂いており、高断熱化はご相談の中で最も多くなっております。

この機会に当社といたしましても従業員全員が新しい断熱基準等を学び直し、また、より多くのお客様に住宅ポイントを獲得して頂くために仕入先メーカーや商社にも数、価格ともに他社に決して負ける事がないようなご協力を頂きました。住宅ポイントの他にも0円リフォームなどお客様にご満足を頂き、笑顔をお届けするご提案ができるよう万全の準備体制を整えておりますので、どうぞ、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

これからも、ブログを通して新鮮でお客様にとって有用な情報をご紹介してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

2019年1月吉日

株式会社 竹澤工務店

代表取締役 竹澤 幸喜

 

 

 

 

本当に怖いヒートショック

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。
先日、山形県に出張しました。たまたま見たテレビでヒートショックが取り上げられていました。ヒートショックで無くなる方は、交通事故でお亡くなりになる方の9倍もいらっしゃるそうです。正直なところ、ここまで多くの方がお亡くなりになっているとは恥ずかしながら知りませんでした。

当社は「社会の問題点を解決する」こともモットーにしていますので、今日はヒートショックの対策について考えてみたいと思います。

【注意すべき点】

1)
心臓に不安をお持ちの方、高血圧の方、ご高齢の方とその家族

2)どこで
トイレ、バス、脱衣所など

3)いつ
トイレに行く時(特に夜間)、お風呂に入る時、お風呂上り

4)どうして
暖かい居間(リビング)などから脱衣所で服を脱ぐ、暖かいバスルームから脱衣所へ移る時、暖かい布団からトイレに入ると寒すぎて体感温度が大きくなり体に大きな負担がかかってしまう。

【対応方法】
基本は温度差の無い室内環境を作ることですので、基本家中を暖房して寒いところを無くせば問題はありません

「脱衣所」
暖房器具:クリナップのホットウォールがお勧めです。

「バス」
一番はユニットバスごと交換してしまうのが良いのですが、換気扇を冷暖房、乾燥機能付きの換気扇に交換するだけでも快適になりますよ。

「トイレ」
暖房付便座に変えたり暖房機器設置が対処法となりますが、ここは臭いの問題が出てきますので、輻射熱式の暖房機をご利用になるのが良いと思います。

※高齢者で心臓疾患のある方は、市町村独自の助成金の対象にもなることもありますのでHP等でお調べになってみて下さい。

そんな事は知っているし、もうやっているよ!!というお客様。竹澤工務店は中途半端な情報提供で辞めたりしませんからご安心下さい。

暖房器具の次は断熱化対策です。壁や床などいくつか熱が逃げやすい個所の断熱化対策をするだけで驚くほどお家の中は暖かくなります。

「壁」
断熱性能を上げること。これに併せて外壁には壁の中に断熱材やビニルシートを張り通風対策することも有効です。既存の外壁に内側にウレタンが詰められている鋼板製のサイディングを張り上げると良い場合も有ります。

「天井」
天井上の断熱材を強化。リフォームの場合ですとブローイングと言って断熱材吹き入れる方法も有ります。

「床下」
ここは意外に見落とされがちなのですが、床下に外気が入ってくる構造をとっているから冷気が入ってきます。他社さんでは床下に断熱材を入れる工事を進められると思いますが、すぐに契約してはいけませんよ。この工事は床を一度はがさなくてはいけませんので費用が高くなってしまうので特に注意が必要な工事個所になります。

原則、冬場は湿度が下がりますので床下換気は北国では必要ありません。当社のお勧めはとっても簡単で安価です。

床下換気口をまず発泡スチロール等でふさぎましょう!

たったこれだけでもかなり違うはずです。(ちなみに、当社が建築するの新築住宅では床下に冷気を入れない構造で造っています。冬に暖かいと好評です!)

「窓」
熱ロスが一番大きいのは「窓」です。他社さんでは断熱サッシへの交換を勧められる事が多いかもしれませんが、断熱サッシに交換するよりも窓の二重化の方が効果は大きく安価で断熱性能も上がります。当社ではYKKのプラマード、LIXILのインプラスを使っての二重窓断熱化をお勧めしています。
日差しが差し込まない窓にはカーテン等で断熱効果を上げておきましょうね。

来年度、住宅ポイントが決定したようです。詳しくは改めてご案内しますが断熱化工事に最大で30万ポイントつく可能性があります。先日ご案内しました0円リフォームと一緒にご検討下さい。

 

〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

住宅ローン減税の控除期間が3年間延長

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

私、たけちゃんはFP(ファイナンシャルプランナー)の資格も取得しています。最近、広告やチラシなどを見ると増税前に住宅を購入しようという内容をよくみかけます。
当社のお客様からも増税に購入した方がよいのか、増税に購入した方がよいのかとのご相談が増えていますが、どちらが良いのかは個々の事情によって変わってきますので一概にどちらがよいとは言いにくいのが実情です。
建築費だけをみると2%は大きい金額になりますのでみなさんの悩みどころになっているようです。FPの観点で見てみると駆け込みで購入するメリット、デメリットどちらも存在します。一番注意が必要なことは契約した日ではなく、入居の日が関係しますのでお気を付けくださいね。

12月14日付で国土交通省から来年10月に予定されている消費税増税に伴う対策が発表されました。この措置は国会で税制法案が成立することが前提となりますので、まだ決定ではありませんが、これから住宅購入をご検討される方は減税額が大きな金額となりますので行方を注視してください。

 


以下、国土交通省HPより引用


~平成31年度税制改正 消費税率引上げを踏まえた住宅取得対策~

平成31年度与党税制改正大綱において、来年10月に予定されている消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、平成31年10月1日から平成32年12月31日までの間に入居した場合を対象に、住宅ローン減税の控除期間を3年間延長(建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税)することとされました。
(今回の税制措置は、今後の国会で関連税制法案が成立することが前提となります。)

【税制措置の概要】
建物消費税率10%への引上げ後の住宅購入等を支援するため、住宅ローン減税が拡充されます。

○現行の住宅ローン減税について、控除期間を3年間延長(10年→13年)。

○適用年の11年目から13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額。
住宅借入金等の年末残高(4,000万円※を限度)×1%
建物購入価格(4,000万円※を限度)×2/3%(2%÷3年)
※長期優良住宅や低炭素住宅の場合:借入金年末残高の上限:5,000万円、建物購入価格の上限:5,000万円

○消費税率10%が適用される住宅の取得等をして、平成31年10月1日から平成32年12月31日までの間に入居した場合が対象。

※入居11~13年目についても、所得税額から控除しきれない額は、現行制度と同じ控除限度額(所得税の課税総所得金額等の7%(最高13.65万円))の範囲で個人住民税額から控除。

※入居1~10年目は現行制度通り税額控除。

○消費税率10%への引上げ時には、
・すまい給付金の拡充:対象となる所得階層を拡充、給付額も最大50万円に引上げ
・贈与税の非課税枠の拡充:非課税枠を最大1,200万円から最大3,000万円に引上げ


引用終わり

当社のサービスは住宅を建てることだけではありません。住宅ローンや保険、税金、メンテナンスなど付随するご心配ごとにも丁寧にお答えしております。お客様を説得はしませんので、納得がいくまでご相談してください。

〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

年末年始休暇のお知らせ

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。
早いもので今年もあと1ヶ月を切りました。まだ3週間もありますのでやり残しがないよう精いっぱい走ります。
竹澤工務店では年末年始お休みを頂戴いたしますのでご案内申し上げます。

 

 

空き家,空き地の有効活用

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

突然ですが、放置されている空き家、空き地などでお困りではありませんか?

建物や土地を相続したのですが、遠くに住んでおりどうしても使うことができない。
売ろうと思ってもどこに相談したらいいのかわからない。
など土地や建物をお持ちでお困りの方からのご相談が増えております。

 

空き家、空き地にしたり、そのまま放置しておくのはもったいないですよ

空き家はそのままにしておくと、想像以上に痛みます。人が住まない空き家は、劣化が早く、維持も大変ですし固定資産税も支払い続けなければいけません。また、不法侵入、放火、いたずら、ご近所迷惑、事件や事故に巻き込まれたりしているケースもあるそうで持ち主の方も不安になっていることも多いようです。

当社でも急増している空き家、空き地対策のお役に立ちたいと考えております。工務店といえば住宅建築やリフォームの工事する会社でしょと思われると思いますが、実は企画・設計が一番得意なのです。お客様に最適なプランをご提案させていただきます。当社はだけ建物に限らず、士業のパートナーもたくさん居ますので建物以外にもローン、相続、税金、登記についてもワンストップで対応可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

空き家、空き地をお持ちでお困りの方、お知り合いなどいらっしゃいましたら当社までご紹介ください。

〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

竹澤工務店イチオシ!あたらしいリフォームの仕組み

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

「なんか急に更新が増えたな」なんてツッコミは大歓迎いたします。

今日は竹澤工務店がイチオシしておりますリフォームについてご案内いたします。

リフォームをしたいけど、お金が無いし、援助も期待できない。住宅ローンを払っているからこれ以上の支払いアップは厳しいとお感じのお客様はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなお客様に朗報!!

ある仕組みを使いまして、

実質現金負担が0円でリフォームできる

かもしれませんよ。

 

 

 

かもしれませんよというのはいくつか条件があるからなのです。

お得なリフォームの対象となるかどうかは無料で診断しますので、どうぞお気軽にご相談ください。

〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

リフォームフェアのご案内

笑顔を作る竹澤工務店たけちゃんです。すっかりご無沙汰しております。
久しぶりに投稿がフェアの告知ですみません。

来たる2018年12月10日(月)11:00~16:00

クリナップ仙台ショールーム(仙台市泉区泉中央1-19-5 TEL:022-771-5077)
におきまして弊社主催リフォームフェアを開催いたします。

当日はクリナップの“水廻り”を中心にご案内・ご提案いたします。新しいお風呂やキッチンにすると快適、綺麗なのはもちろんですけど、実は、新しい設備にすると奥様の家事負担も軽減されるんですよね。いつもお家で家事を頑張っている奥様へご褒美として自由時間のプレゼントというのも素敵かもしれませんよ。

今回のフェアにご来場頂いたお客様には記念品としてオリジナルトートバッグ、お見積りををご依頼頂いたお客様にはカタログギフトをプレゼントいたします。

また、事前に来場ご予約を頂きお見積りをして頂きましたお客様にはQuoカード500円分をプレゼントいたします。
(※1週間前までに、当社へご予約を頂いたお客様のみ)

皆様のご来場を心からお待ちしております。

 

 

 

本日は、大手建売住宅を購入された方の話です

そのお客様の相談は、大手の建売住宅を購入されての事です。内容をお伺いすると、入居前にリフォームしたいとの驚きの相談!!詳しくお伺いすると、建売業者に軽微な変更をお願いした所、掲示された金額にとても驚いたそうで、引渡しを受けた後にリフォーム工事を行なってから入居したいとの事でした。新築工事も得意としている弊社ですが、その様なお客様からのご要望も誠意を持ってお答えして参ります。また瑕疵保証のご心配をされている方も多いと思われますが、他社で手をかけた場合、保証対象外となる営業トークは不適切です。施工に携わった会社が、その部分の瑕疵を保証する事になりますし法律で定められている年数より特約にて短くするなど言語道断であります。その様な事のない様、皆様ご注意下さいませ。瑕疵保証の話は、いずれ書きたいと思います。

笑顔をつくる竹澤工務店    たけざわ