本当に家賃並みの支払いで家が持てる?

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

仕事の移動ではAMラジオをよく聞いています。家賃並みの支払いで家が持てるというCMがありますけど、本当なのでしょうか?
住宅建築費は一生の中で一番高い買い物と言われていますが、実は違います。一番高いのは住宅ローンであると私は考えます。
(※あくまでも私の個人的な見解です)

これでも私、FP資格を所有しておりますので簡単に解説させていただきたいと思います。結論から言いますと、家を建てること「だけ」を考えれば可能です。家を金利負担や家を建ててからの資金をきちんと考える必要があります。
建物本体、土地代金は比較的わかり易いですよね。不動産会社さんも住宅会社さんも一生懸命に説明してくれます。
ところが、それ以外にかかえる費用については実は答えてくれる方が減ります。

たとえば、本体工事以外に工事関係だけでも地盤改良工事費用、上下水道工事、ガス工事、外構工事など。住宅ローンを組む時にも火災保険、地震保険など別途かかりますし、登記費用、毎年かかる固定資産税などたくさんかかります。
作りっぱなしという訳にはなりませんので、修繕費用の積み立ても必要になります。

こうした費用を考えなければ、家賃と同じ金額で家を持つことは理論上可能になります。でも、現実では生活が破たんしてしまう可能性が高まります。見えない費用をきちんと把握するためにもファイナンシャルプランの作成は必要不可欠だと考えます。更にライフステージに合わせて家のニーズは変化していきます。「売りたい」と思った時に思うような価格で売れないのでは資産ではなく負債になりかねません。将来のリセールバリューも考えた設計をしていくことも必要不可欠です。

当社では売るだけではなく、長期的な視点や考え方から家づくりやリフォームのお手伝いをさせていただいておりますので、気になる方はどうぞお気軽にご相談ください。

 

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

年頭のごあいさつ

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中は色々とお世話になりまことにありがとうございました。今年もお客様が笑顔になって頂けるよう、従業員一同元気に頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年は消費税増税の予定が控えており、住宅の新築工事やリフォーム工事には国の住宅ポイント導入が予定されています。住宅ポイントを得るためのキーワードは「高断熱化」と「高耐震化」です。弊社の新築物件は常に高耐震化を実現していますし、リフォームのお客様から寒さ対策や暖かいお住まいのご相談をたくさん頂いており、高断熱化はご相談の中で最も多くなっております。

この機会に当社といたしましても従業員全員が新しい断熱基準等を学び直し、また、より多くのお客様に住宅ポイントを獲得して頂くために仕入先メーカーや商社にも数、価格ともに他社に決して負ける事がないようなご協力を頂きました。住宅ポイントの他にも0円リフォームなどお客様にご満足を頂き、笑顔をお届けするご提案ができるよう万全の準備体制を整えておりますので、どうぞ、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

これからも、ブログを通して新鮮でお客様にとって有用な情報をご紹介してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

2019年1月吉日

株式会社 竹澤工務店

代表取締役 竹澤 幸喜