冬場の換気

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

最近寒くなってきたせいか、新型コロナウイルス感染者数も増えてきました。
中でも家庭内感染が増えているとか。。。

対策の一つとして「こまめ換気」が有効だと言われていますが、東北の冬本番の寒さではなかなかこまめにするのは勇気が必要ですよね。

2003年7月以降に着工された住宅には「常時換気設備(24時間換気システム)」が設置されていますから、常時換気設備が設置されている場合には常に稼働させましょう。また、定期的にフィルタの掃除を行い、強弱スイッチがある場合は強運転にして換気量を増やすようにしましょう。

「常時換気設備(24時間換気システム)」が設置されていない建物でも、台所や洗面所などの換気扇を常時運転することで最小限の換気量は確保できるそうです。恒例のご家族がいて窓開けによる換気を行う場合は、ヒートショックに気を付けてください。室温が18℃を目安に下がらないように暖房器具を使用しながら、窓を少しだけ開けて換気するとよいようです。どうしても心配な場合は、人がいない部屋の窓を開けて、廊下などを経由して、少し暖まった状態の新鮮な空気を人のいる部屋に取り入れる2段換気が有効ですから、換気の時間はかかりますが急激な室温低下を避けることも必要です。

この機会に換気、断熱対策のリフォームを検討してみるのも良いかもしれませんね。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

リフォームでお住まいの「したいこと」を実現して「不安」を解決します。

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

いきなりですけど
リビング、キッチン、浴室、玄関、窓、寒さ対策、段差解消、手すり取付、耐震補強、フェンス、カーポート、など
気になる事や不具合が無いというお家は少ないと思います。

リフォームを考えるとき、ご家族それぞれ、意見や要望がバラバラだったりしませんか?
私たちは、ご家族みんなの想いを整理し、気付いていない要望まで汲みとり、
新しい暮らしのイメージを明確にしていきます。
工事の品質から完成後のアフターフォローまでしっかりとサポートし、
リフォームに対する「不安なコト」を解消いたします。

リフォームをしてみたいけどというお客様はたくさんいらっしゃいます。
でも、一番はお金のことが心配ですよね。

「まとまったお金がないしなぁ」
「リフォームは現金払いが当たり前」
そう思っていませんか?

自動車を買うときにマイカーローンを組むように、リフォームをするときには「リフォームローン」をご利用できます。
また、「0円リフォーム」にも対応できるかもしれません。
もちろん、補助金や助成金などにもしっかり対応していきます。

まずは一度、お住まいの「したいこと」「不安なこと」をお聞かせください。
ご家族のみなさんが笑顔になれるようなリフォームをお届けします。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

窓の結露

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

今年は暖冬のせいか例年と比べると結露が少ないですね。
冬の困りごとはやはり結露。
暖房機器を使用していると同じてもサッシ周辺に結露してしまいます。石油ストーブやファンヒーターなどの燃焼するタイプはどうしても水蒸気が発生してしまい結露につながってしまいます。
先日、仙台で久しぶりに雪が降って寒かった日に試してみた実験です。

思いつきなのですが、エアコンの場合はどうなるのか気になり実験してみました。エアコンの暖房をつけていると室内が乾燥しますよね。エアコンから吹き出した空気が直接窓に当たるようにしたらどのようになるのかやってみました。

結論から言うと、結露しました。

 

 

湿度を0%することよりも、過ごしやすい湿度にコントロールをしつつ結露を防ぐのが健康にもやさしいのです。

結露はカビを発生させ、住宅にも健康にも大きな影響を及ぼします。
当社では安価で効果が高い2重窓化と十分な換気を行う事をお勧めしています。平成15年以降の住宅は24時間換気が備わっていますので、きちんと稼働させてさえいれなかなり結露が低減できます。

結露やカビでお困りの方はお気軽にご相談ください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

手すりの位置

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私はギックリ腰で腰を痛めてしまい、家の中でオブジェと化していました。
腰を痛めて解ったのが、手すりの大切さです。
ここに有ったらもっと楽に移動ができるのにと感じたポイントがいくつかあります。
我が家では階段の片側にしか手すりをつけていませんでしたが、両側に必要だなと痛感しました。確かに片側だけでも手すりが付いていたら上り下りはできるのですが、使い勝手の面や転倒リスクを勘案すると両方あった方が良いかなと思いました。

もう一つは、脱衣所です。
ここは服を脱ぐ行為は、普段はあまり気づきませんが腰に負担がかかっています。特に腰を曲げられない、痛みがある時は有ると便利だなと思います。

トイレも手すりを設置していますが、取り付け位置は重要です。
例えば小用の場合、便座を開ける時や便座に座る(立つ)時に適切な位置にないと全く使い物になりません。

今回、腰を痛めただけですが、こんなにも生活が不便になってしまうことを痛感しました。

バリアフリー化と簡単な言葉で済ませていますが、各戸毎やお住まいのご家族の状況に応じて取り付け位置や数をきちんと検討していくことが必要ですね。年を重ねていくごとに状況は変化していきます。大がかりな改修だけがリフォームではありません。
ちょっとした不便を感じるものや、修正などもリフォームです。お家の中の気になることが有りましたらお気軽にお声掛けください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

令和元年台風19号により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます

このたびの台風19号により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
また、救助・復旧活動に取り組まれている関係者の方々に対し敬意を表しますとともに安全を祈念申し上げます。

お住まいや建物が被害に逢われたお客様は、下記までご連絡を頂けましたら幸いです。

応急対応等が必要な方、被害でお困りの方、どうしたら良いのか解らない方はすぐにご相談ください。
火災保険などが適用される場合も有りますので丁寧にご説明させて頂きます。

また、ご自身で対応され残念ながらいきずまった方も遠慮なくご相談ください。
アドバイスさせていただきます。
アドバイス対応時間8:30~16:00 
※建築士が在社中に限りますので、外出中はアドバイス出来ない場合もございますので
ご理解下さいます様お願いいたします。

株式会社竹澤工務店
TEL:022-271-4216
FAX:022-271-4781
E-mail:info@takezawakoumuten.com

毎日暑いですね

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

この時期、どうしても触れないといけないのが「熱中症」です。

環境省の公式サイトによれば、24~28℃と比較的過ごしやすい気温でも、熱中症による死亡事故が発生する可能性があるそうです。熱中症は湿度も関係していて、雨が降って湿度が100%の時は、気温22℃でも熱中症予防指針が「警戒」を指すこともあるそうですから気をつけましょう。

総務省が発表した「2019年5月の熱中症による救急搬送状況」によれば、熱中症発生場所で最も多かったのは「住居」(29.1%)だったそうです。中でも台所は特に暑いと感じる場所になるそうです。火を使う時こそエアコンを使いましょう。

お家を考えるときは、ただ断熱しているだけはなく、家の中を風がどのように通り抜けると快適になるのかも考えてください。それだけでも過ごしやすい家になります。
家を建てるときは失敗なんてしたくないと思います。
夢も大事ですが、せっかく建てた家が住みにくくては大変です。
プロの視点から適切なアドバイスをいたしますので、一緒に家づくりを考えてみませんか。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

梅雨の時には

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

実はエアコンが苦手です。家の中ではできるだけエアコンをかけないようにしています。
さすがに今は梅雨のシーズンで雨が多いせいか高温多湿になっているお部屋の中では過ごしにくく、エアコンのお世話になっています。
除湿にエアコンを使うと簡単なのですが、エアコンを使わずに湿度を下げることも知っているとよいかもしれませんよ。カビと臭いの対策にもなりますので。。。

私の場合、やっていることはとにかく通気をよくすることです。例えばお風呂上がりなどは換気扇だけでは納得がいかないので、扇風機で強制的に風を送り浴室内を早く乾燥させるようにしています。これをしただけでもカビが発生するのが少なくなったように感じます。

もう一つ気になるのが、洗面台の臭いです。官の中に水が溜まる構造なので仕方がないのですが、この時期は全員が使い終わったら一度大量の水を流して蓋を閉じます。これで臭いも湿度も感じなくなりました。

そんな面倒なことしたくないよ!
そんな方には、今はとても便利な設備が増えておりますので、気になる所だけのリフォーム提案なども行っておりますのでどうそお気軽にご相談ください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

悪質な点検商法にご注意ください!

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

悪質な点検商法に合ったお客様からご相談がありました。

「無料点検を実施中です。」
こう言って、住宅などの点検を行い、その結果「大変危険です。このままでは地震が来た時、大変なことになります。」と不安をあおり、高額な商品販売や不要な工事契約を迫るなど、悪質な業者による被害が仙台市内でも数多く発生しています。
飛び込みセールスや電話セールスには応じない方が無難だと思います。まずは専門家に相談し、正しい耐震診断を経た上で適切な改修工事を行いましょう。

ちょっと心配だなという方は、「誰でもできる耐震診断」から行ってみるのもよいかもしれませんよ。
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/files/2013/11/taisin_flash.html

地震などの自然災害はいつやってくるか解りませんので、しっかりと準備しておきましょうね。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

罹災証明書

笑顔を作る竹澤工務店のたけちゃんです。

残念ながら災害で被災を受けると自治体より罹災証明書が交付されます。
これ、大事ですから絶対に無くさないようにしてください。補助金や支援金などの申請をおこなう際に必ず必要になります。補助金や支援金は自ら手続きを行わないと何も手にすることができません。広報誌を見ることはもちろんですが、自治体のHPに掲載されている場合が多いので是非ご覧になってください。

河北新報の記事によれば補助金が7月から募集されるようです。

=以下、引用=


<新潟・山形地震>家屋復旧の動き本格化 鶴岡市、屋根修繕に補助 7月から
山形県沖を震源とする新潟・山形地震は25日で発生から1週間を迎えた。震度6弱を観測した鶴岡市で罹災(りさい)証明書の発行に向けた家屋調査が始まるなど、復旧の動きが本格化しつつある。災害救助法などの適用見送り方針で国・県の支援が限られる中、市は新たな住宅再建補助制度を7月に始める。
市によると損傷率5割以上の屋根を対象に、40万円を上限として修繕費の2割を補助する。市と県が半分ずつ負担し、市は現行の住宅リフォーム補助事業を一時休止して財源に充てる。対象は約270戸を見込み、7月から3カ月程度受け付ける。申請には罹災証明書が必要となる。


しっかりチェックしてくださいね。

特に気を付けていただきたいのは屋根瓦や職人不足を理由に高額な工事費を請求してくるケースは十分に想定できます。屋根瓦はもともと商品が多く作られていませんので、今回のような災害が起きたりしますとすぐに足りなくなってしまうものです。
早く復旧したいと焦るお気持ちはわかりますが時間が必要な場合もあります。被災地域では皆さんが早く復旧したいとのご要望が強くなりますので、火事場泥棒的な業者が増えてきます。適正価格というものがありますので慎重にご判断をなさってください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216

山形県沖を震源とする地震地域及び災害地域の皆様へ

2019年6月18日に山形県や新潟県を中心に発生した令和元年新潟・山形地震により被災されたすべての皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

新潟村上、鶴岡の被害や海沿いの町の被害を知るにつけ、隣県で起こった地震災害に驚かされると同時に東日本大震災の記憶が蘇り、改めて気が引き締まる思いです。お住まいや今後の生活などについてもご心配が多いことと心中お察しいたします。今後の余震や梅雨の大雨等にもくれぐれもご注意ください。

お住まいのことで気になることやご心配ごとなどございましたらお気軽にご相談ください。

家づくりのご相談はコチラまで ↓↓

〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目22-22

株式会社竹澤工務店 ℡022-271-4216